ビアンコロールは、
・全年齢において10kg単位の短期減量に成功
・(一時的に)体内に脂肪を1gも吸収できない完全な絶食状態へ
・代謝アップ、血流改善、便秘解消、糖分・炭水化物の吸収ブロック、むくみ改善、しみ・ニキビ改善、抗酸化作用、これら全てを可能にしてくれる
・リバウンド件数ゼロ! ゆえにリピーターなし!
などが話題となっているサプリメントです。

実感した方が続出だそうですが、痩せるサプリメントできっちり実感できるとなるとやはり気になるのは副作用ではないでしょうか?
・ビアンコロールには副作用があるのか?
・アレルギーの心配はないのか?
についてみていきましょう。

-副作用について
結論から言うと、使用量を守って飲用すれば問題ありません。

かつてビアンコロールは、販売を自粛していたことがあります。
苦情が殺到したからだそうですが、そう聞くとかなり不安になってしまいますよね。
一体、どのような苦情が殺到したのかと言うと、実践した方から100名もの入院患者が出てしまったそうです。
そのため、このダイエットは大変危険ですので、中止してくださいという注意喚起を促さざるを得ない結果に至ったそうです。
これは、まさか副作用なのでしょうか? と思ってしまいますが、副作用ではなく、過剰摂取を原因とする痩身事故だったそうです。

ここで、ビアンコロールで痩せるメカニズムについてふれます。
摂取した脂肪の吸収・蓄積抑制作用や、炭水化物やでんぷんを糖へ分解する酵素「α-アミラーゼ」の働きを止める作用のあるホワイトキドニービーンが配合されているため、余分なカロリーを吸収・消化することなく排出してくれます。
過酸化脂質を強力分解するレスベラトロール、基礎代謝を高め脂肪を燃焼させるアサイーも配合されています。
これらにより、体内が脂肪を1gも吸収できない完全な絶食状態になるのです。
そうすることで、体が、生命を維持するために、溜まっている脂肪を消費していきます。
わかりやすく説明すると、摂取してから数時間、「消化不良」を起こしている状態になりますので、食べても体内に吸収されることがなくなるのです。
結果、ハイスピードで体重が減っていくというのです。
さらに、独自配合を応用したことにより、むくみ改善、肌荒れ防止などその他の効果についても期待がもてるようになっています。

実際に、モニターテイストでも100%の人がダイエットに成功しているそうです。

そして、過剰摂取の話に戻りますが、ビアンコロールは、摂取量を守って使用していれば基本的に問題のない商品です。
しかし、過剰摂取してしまうと、痩せすぎるなどの副作用をもたらします。
以前のビアンコロールは、粉末タイプでした。
粉末タイプだと過剰摂取に至ってしまうことがあったため、過剰摂取防止策として錠剤タイプに変わりました。
1日の摂取目安量は1~2粒です。
絶対に、超えないようにしてくださいね。
また、
・毎日必ず体重測定を行い5日以内に7kg以上の体重が減った場合、使用を一旦停止して下さい。
・急激な体重減の危険がある為、摂取目安を確認して下さい。
・体重40kg未満の方の飲用はご遠慮ください。
とありますので、こちらも必ず守りましょう。

守っていれば基本的に問題がない安心して飲用できる商品なのです。

-アレルギーについて
基本的に安全であるとは言え、アレルギーをお持ちの方はご注意ください。
特に食物アレルギーのある方は、飲用する前に、必ず、原材料名表示を参照してください。
また、処方薬を服用している方や、通院中の方は、医師へ相談してください。

-まとめ
高い効果が期待できるだけに、用量・用法は絶対に守ってくださいね。
安全に続けて理想の体型を目指しましょう!

⇒ビアンコロールの公式サイトはこちら